熱海花火大会2014!日程と穴場スポットは?混雑や駐車場情報も!


449page_pic

(引用URL: http://www.city.atami.shizuoka.jp/page.php?p_id=449 )

 

山に囲まれたすり鉢状の地形の熱海湾は、
花火業者も絶賛する日本一の打ち上げ会場!

大きなスタジアムのような音響効果があり、
目で見て楽しむだけではなく
花火を体感することができますよ~^^

 

そんな会場を最大限に生かした
熱海花火大会の様子を、
2014年の日程や穴場スポット
ともにお届けします!

気になる混雑や駐車場の情報
お伝えしますね!


Sponsored Link


熱海海上花火大会2014の日程や打ち上げ場所は?

熱海花火大会は1年を通して
複数回開催されます。

今年2014年の夏季の開催日は、
以下の通りです。

 

  • 7月21日(月)
  • 7月26日(土)
  • 8月 5日(火)
  • 8月 8日(金)
  • 8月17日(日)
  • 8月20日(水)
  • 8月29日(金)

 

 

夏季の開催時間は
20:20~20:50までです。

昨年は夏期の7日間で
約19万人が訪れており、
今年も19万人程度の人出が予想されます。

 

熱海港7.5m岸壁から海釣り施設までの
熱海湾より約5,000発の花火
打ち上げられますよ。

 

 

打ち上げ場所はココ!

↓↓↓

 

サンビーチ海水浴場から
熱海港までの海岸線一帯で、
無料で花火を鑑賞できます。

有料観覧席は夏期の7日間のみ、
打ち上げ場所の目の前にある
親水公園内に設けられますよ~。

 

  • 前売り券900円(1300名)
  • 当日券1000円(300名)

 

 

前売り券は熱海市観光協会の窓口と
セブンイレブンで購入できます。

当日券は17:30より
有料席入り口にて販売します。


Sponsored Link


熱海花火大会の見どころは?

熱海花火大会の見どころは、
なんといってもフィナーレを飾る
大空中ナイアガラです。

 

夜空を埋め尽くす迫力満点の花火は、
まさに圧巻です!

 

大空中ナイアガラの動画はこちら!

 

 

連続して打ち上げられる花火が
夜空を明るく染めて、
まるで昼間のようですね^^

海面に映る花火も幻想的で
とっても綺麗です!

 

 

地図付きおすすめ穴場スポット!場所取りのおすすめは?

では、そんな見どころ満載の
熱海花火大会の穴場スポットを
ご紹介します。

1年に何度も開催される
熱海花火大会は比較的混雑も少なめで、
無料観覧エリアでゆったりと鑑賞できます。

 

そこで今回は、より花火を楽しむための
穴場スポットをご紹介します!

 

 

■サンレモ公園

 

 

イタリアにあるサンレモ市との
提携を記念して作られた、
南国ムードたっぷりの公園です。

 

打ち上げ場所にとても近いため、
臨場感たっぷりの迫力満点の花火を
楽しむことができます。

公園内にトイレもあるので
安心ですね^^

 

異国情緒あふれる雰囲気の中で
花火を楽しめる穴場スポットです。

特別混雑することもないので、
花火開始1時間前でも
場所取り可能です。

 

 

■熱海城

 

 

360度のパノラマ景観が楽しめる
天守閣展望台は熱海一の
眺景ポイントです。

 

「東洋のナポリ」と呼ばれる
熱海の夜景とともに
花火を楽しむことができます^^

写真を撮るなら
ココが一番です!

 

入城料は1,000円(中学生以上)で、
先着300名に椅子席が設けられています。

花火大会当日は18時~21時まで
特別夜間営業となります。

 

良い場所で鑑賞したいのであれば、
早めに並んで席を確保して下さいね。

 

足湯、ゲームコーナーなどもあるので、
待ち時間も退屈しませんよ~^^

 

813block_pic

(引用URL: http://www.city.atami.shizuoka.jp/page.php?p_id=449 )

 

 

花火の見えるホテルのおすすめは?

熱海花火大会が行われる
熱海湾周辺には、ホテルなど
宿泊施設がたくさんあります。

その中でも、特に花火を楽しめる
ホテルをご紹介します。

 

 

■リゾナーレ熱海(旧あたみ百万石)

打ち上げ場所からは少し離れていますが、
小高い場所にホテルが建っているので、
花火が綺麗に見えます。

 

全ての部屋で花火を
観覧することができますよ~!

同じ目線で花火を楽しめる
オススメのホテルです。

 

館内各所に花火をイメージさせる
デザインを取り入れているなど、
まさに花火のためのホテルと言えます!

 

 

■熱海後楽園ホテル

家族連れやカップルにおすすめの
大型リゾートホテルです。

打ち上げ場所にとても近いため
迫力満点の花火を楽しむことができます。

 

南側にあるタワー館では
お部屋の窓から花火を観覧できます。

夜景と花火のコラボレーションを
堪能できるおすすめホテルです。

 

 

混雑予想とおすすめ駐車場情報!

熱海花火大会は開催日が多く
観覧できるエリアも広いため
比較的混雑が少なめです。

 

打ち上げ開始の1時間前でも
目の前で花火を楽しむことができます。

打ち上げ開始ギリギリに行っても
座って鑑賞できますよ~^^

 

 

ただ、周辺に駐車場が少ないので、
車で行く場合は早めに行かないと
駐車場の確保が難しいです。

最低でも3時間前には
駐車場に車を停めておいた方が
良いと思います。

 

駐車場は花火大会専用のものはなく
近くにある有料の駐車場
利用することになっています。

 

 

■東駐車場

・お宮の松とサンビーチの間
・普通車320台、大型10台

 

■第1親水公園駐車場

・親水公園スカイデッキ周辺
・普通車50台

 

■第2親水公園駐車場

・親水公園レインボーデッキ地下
・普通車95台

 

■和田浜駐車場

・マリンスパあたみ隣
・普通車125台

 

■臨港駐車場

・熱海湾周辺
・普通車56台

 

■清水町駐車場

・旅館立花周辺
・普通車56台

 

■初川駐車場

・消防署前
・普通車38台

 

■中央町駐車場

・市役所周辺
・普通車57台

 

■来の宮駐車場

・来宮駅下
・普通車83台

 

■熱海駅前駐車場

・熱函病院前
・普通車70台

 

■渚町駐車場

・渚サンロード沿い
・普通車22台

 

■熱海港駐車場

・熱海後楽園ホテル周辺
・普通車163台

 

 

おすすめの駐車場は
和田浜駐車場です。

打ち上げ場所に近く
停められる台数も多いです。

 

 

熱海花火大会2014まとめ

では最後に、熱海花火大会について
簡単にまとめてみますね^^

 

■開催日
・2014年 7月21日(月)
・2014年 7月26日(土)
・2014年 8月 5日(火)
・2014年 8月 8日(金)
・2014年 8月17日(日)
・2014年 8月20日(水)
・2014年 8月29日(金)

■開催時間
・20:20~20:50

■開催場所
・熱海湾(熱海港7.5m岸壁~海釣り施設)

■打ち上げ数
・約5,000発

■予想来場者数
・約19万人

■有料席(夏季のみ)
・前売り券900円(1300名)
・当日券1000円(300名)

■見どころ
・フィナーレを飾る大空中ナイアガラ

■穴場スポット
・サンレモ公園
・熱海城

■花火の見えるホテル
・リゾナーレ熱海
・熱海後楽園ホテルのタワー館

■駐車場
・東駐車場(普通車320台、大型10台)
・第1親水公園駐車場(普通車50台)
・第2親水公園駐車場(普通車95台)
・和田浜駐車場(普通車125台)
・臨港駐車場(普通車56台)
・清水町駐車場(普通車56台)
・初川駐車場(普通車38台)
・中央町駐車場(普通車57台)
・来の宮駐車場(普通車83台)
・熱海駅前駐車場(普通車70台)
・渚町駐車場(普通車22台)
・熱海港駐車場(普通車163台)

 

 

いかがでしたか?

 

熱海の代名詞となりつつある花火を
ぜひ体感して下さいね。

熱海温泉ホテル旅館共同組合に
加盟しているホテルに宿泊すると
専用の観覧席で鑑賞できますよ~^^

 

 

※関連記事

隅田川花火大会の極秘穴場スポット情報!

いたばし花火大会の厳選穴場スポットとは?

神宮外苑花火大会をチケットなしで観る方法とは?

【閲覧注意】こうのす花火大会の4尺玉がすごすぎる

 


Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

このページの先頭へ