足首やくるぶしの痛みについて!外側や内側が腫れて痛い理由は?


442be35a4310d266efafb0ec1391ccd4_s

 

大した運動もしていないのに、
普通に歩いているだけで
急に足首やくるぶしに痛みが出た!

そんな経験をした方は、
意外と多いのではないでしょうか?

 

これといって思い当たる原因がないのに
急に痛みを感じると、
不安になってしまいますよね。

 

そこで今回は、
足首やくるぶしの痛みについて
詳しく調べてみました。

足首やくるぶしの外側と内側、
それぞれの痛みの理由と対処法
分かりやすくまとめてみましたよ~!


Sponsored Link


足首・くるぶしの痛みのよくある原因は?

では、まずは足首・くるぶしの痛みの
よくある原因をご紹介しますね。

 

 

■捻挫(ねんざ)

捻挫はスポーツをしている時に
よく起こりがちですが、
普通に歩いていても起こります。

段差でつまずくなど、
不自然に圧力がかかることによって
靭帯などが傷付いてしまうことが原因です。

 

捻挫の場合は押すと痛みがあり、
腫れがある場合がほとんどなので
分かりやすいですね。

 

 

■骨折

名前の通り骨が折れてしまうことです。

一度に大きな力が加わることが原因ですが、
同じ場所に繰り返し力が加わることが
原因で起こる疲労骨折もあります。

 

 

■偏平足・ハイアーチ

偏平足は足の裏に「土踏まず」がないため
歩く時の衝撃を
足の裏全体に受けてしまいます。

逆に「ハイアーチ」と呼ばれる
極度に足が変形している人も
衝撃が集中しやすくなります。

 

そのため、足首周辺に
痛みが出やすくなっています。

 

 

■アキレス腱炎

急に全力で走ったり、強く踏ん張ると
アキレス腱周辺の足首に痛みが出ます。

アキレス腱を包んでいる膜や
周辺の組織が炎症を起こしていることが
痛みの原因です。


Sponsored Link


外側の痛みの理由と対処法は?

では次に、外側にだけ痛みがある場合の
理由と対処法をまとめてみますね!

 

足首の外側には、

  • 前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)
  • 踵腓靭帯(しょうひじんたい)
  • 後距腓靭帯(こうきょひじんたい)

と言われる3本の靭帯があります。

 

そのため、外側だけに痛みがある場合は
この靭帯を損傷している可能性が高いです。

いわゆる「捻挫」の状態ですね。

 

 

対処法は損傷の程度にもよりますが、
基本的には痛みのある場所を冷やして
安静にしておくのが一番!

 

2~3日は捻挫治療の4原則「RICE」
実施しておくと安心ですよ~!

 

 

■REST(安静)

テーピングなどで固定して、
衝撃を与えないようにしましょう。

 

■ICE(冷やす)

痛みのある場所を
氷などで15~20分冷やして
2~3時間休ませます。

これを何度も繰り返しましょう。

 

■COMPRESSION(圧迫)

腫れを防ぐために、
包帯などで軽く圧迫しておきましょう。

 

■EVEVATION(拳上)

腫れや内出血を防ぐために、
患部を心臓より高い位置に
挙げておきましょう。

 

2014-08-07_221757

(引用URL:http://kknavi.lion.co.jp/symptom/sprain/cure/image/cure_il01.gif)

 

 

捻挫してから数日が経って
腫れや痛みが落ち着いたら、
今度は患部を温めて下さいね。

そうすると、血液の循環が良くなって
痛みや腫れが早く引いてくれますよ~!

 

 

内側の痛みの理由と対処法は?

外側の痛みの原因を理解したところで、
次は内側にだけ痛みがある場合です。

 

内側にだけ痛みがある場合は、
足の腱鞘炎である可能性が高いです。

 

腱鞘炎と聞くと、
手首などを酷使した時に起こる
イメージですよね。

ただ、足の場合は使いすぎというよりは、
靴などによる圧迫が原因のことが多いです。

 

 

腱は足や手を動かす働きをしており、
腱自体も身体の中で動きます。

そのため、過度な負担がかかると
摩擦部分に痛みが出てきます。

 

小さめの靴を履いたり、
靴紐を締め過ぎてしまうことで
腱鞘炎になってしまうんですね。

 

 

特に足首の内側の内くるぶしには、
後脛骨筋腱(こうけいこつきんけん)という
摩擦を起こしやすい腱があります。

そのため、気をつけなければ
いけませんね。

 

 

対処法としては、
やはり負担をかけないことが一番!

自分の足に合った靴を選び、
靴紐を締めすぎないようにしましょう。

 

高いヒールの靴なども
避けた方が良いと思います。

 

8fc07093c25e9beee5d8ed8157d74a6d_s

 

 

また、外反母趾の方や中高年の女性は、
踵が外側にずれてしまうことが多く、
内側に体重が集中します。

すると、負担が
内くるぶしに集中してしまい。
痛みが出てしまいます。

 

そのため、テーピングなどで
足裏のバランスを整えたり、
場合によっては治療も必要です。

 

 

内くるぶしの痛みの原因と
対処法については、こちらの動画で
詳しく説明してくれています。

↓↓↓

2014-08-07_223638

 

 

私自身も足裏のバランスが悪く、
いつも靴の踵が
片方だけすり減ってしまうんです。

あまり気にしていなかったんですが、
これを機に足裏のバランスを整える
治療を受けてみたいな~と思います!

 

 

まとめ

足首やくるぶしに痛みを感じると、
「どこかにぶつけたのかな?」とか
「ひねったかな?」と思ってしまいがちです。

 

しかし、足首やくるぶしの痛みには
様々な原因があるんですね。

靴紐の締めすぎで
腱鞘炎になってしまうとは
知りませんでした。

 

運動する時は靴が脱げないように
ついつい靴紐を
きつく結びたくなりますよね~。

 

 

ただ、今回紹介した原因の他にも、
病気である可能性も捨てきれません。

また、軽い捻挫だと思っていても
実は骨折していた!
なんてこともあります。

 

安静にしていても痛みが引かない
という場合には、
きちんと病院で診察を受けて下さいね。

 

 

※関連記事

そのエアコン、大丈夫ですか?

アルツハイマーは遺伝する!?

坂本龍一さんもかかった中咽頭癌の予後や生存率!

本田圭佑選手のバセドウ病の真相は・・・?

 


Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

このページの先頭へ