脳梗塞は夏バテからも?夏に多い理由と対策を医療職目線で独自解説!


OZP86_zutuugaitai500

 

最近のあまりの蒸し暑さに、
夏バテしそうなしめじです。

 

最近暑いですよね~。

暑いのが苦手って方、
結構多いんじゃないでしょうか?

 

既に夏バテ気味って人も
居るかもしれませんが、
実は夏バテから脳梗塞になることが
あるって知ってました?

 

しかも、夏バテからの脳梗塞は
年齢も関係なし!

若い人でもなる可能性があるんです!

怖いですよね~・・・

 

 

そこで今回は、そんなこわ~い
脳梗塞と夏バテについて、
詳しくみていきましょう!

 

  • なぜ脳梗塞が夏に多いのか?
  • 脳梗塞と夏バテの関係は?
  • 夏の脳梗塞の対策は?

 

僕は医療職をやっているので、
脳梗塞の人は頻繁に見ています。

なので、こういった疑問について、
医療職目線で詳しく解説しちゃいます!


Sponsored Link


脳梗塞が夏に多い理由とは?

脳梗塞についてよく知らない方は、
まずはこちらの動画を
チェックしておきましょう。

 

脳梗塞ってどんな病気?

 

2分あたりから、脳梗塞について
詳しく解説されていますよ♪

 

 

脳梗塞というのは、
脳の血管が詰まる病気です。

詰まる理由は色々あるのですが、
夏場に多いのは、血の塊が
血管を塞いでしまうパターンです。

 

え?血の塊がなんで血管に?
って思われるかもしれませんが、
実はこれ、よくあるんです。

 

皆さん、ドロドロ血液とか
サラサラ血液とか、
テレビで一度は見たこと
あるんじゃないでしょうか?

実は、そのドロドロ血液が問題なんです!

 

imag150

(画像引用元:http://blood.e840.net/bb00000.html)

 

血液って、流れが遅くなるほど
固まりやすいっていう性質があります。

怪我して血が出ても、
少ししたら固まるじゃないですか?

あんなイメージですね。

 

つまり、ドロドロ血液だと
それだけ血の塊が出来やすくなるんです!

ここまではOKでしょうか?

 

 

そしてこのドロドロ血液、
別に食生活が悪い人ばかりが
起こるものではありません。

夏場の脱水でも起こるんです!

 

血液っていうのは、
見ての通り液体です。

大半は水分で
構成されているんですよね。

 

そのため、夏場に大量の汗をかいたり
身体から水分が蒸発すると、
当然血液中の水分も減っちゃいます。

結果として、ドロドロ血液に
なっちゃうんですよ!

 

 

まとめてみると、
以下のような流れですね。

 

①夏場は汗をかきやすい

②汗をかくことで脱水状態に

③血液内の水分が減ってドロドロ血液に

④流れの悪い血液で脳血管に血の塊ができる

⑤血の塊で脳血管が詰まる⇒脳梗塞に

 

 

歌手の西城秀樹さんってご存知ですか?

この方は48歳の時に
脳梗塞になっていますが、
原因は脱水症状によるものでした。

 

元気な人でも突然起こる可能性があるのが、
夏場の脳梗塞の怖いところですね~。


Sponsored Link


脳梗塞と夏バテの関係は?

そんな脳梗塞ですが、
夏バテとはどのような関係が
あるのでしょうか?

 

356e25ad41c1ecb81a0e3e01b4fa5175

(画像引用元:http://blog.goo.ne.jp/ahirutonezumi/e/c2dde8c373656f6522d5fcee6493de9f)

 

■夏バテとは?

そもそも夏バテというのは、
夏に起こりやすい症状の総称です。

具体的な症状としては、
以下のようなものですね。

 

  • 全身の倦怠感
  • 思考力低下
  • 食欲不振
  • 下痢
  • 便秘
  • 頭痛
  • 発熱
  • めまい

 

案外、経験がある方も
多いのではないでしょうか?

 

夏場は体温維持のために、
身体が常にエネルギーを
消費している状態です。

そのため、常に身体に
負担がかかっている状態なんですね。

 

それでも人の場合、
多少の負担程度ならカバーできるのですが、
限界を超えると体温維持が出来なくなり、
身体に熱がこもるようになってしまいます。

これにより、上記のような症状が
出てしまうんですね~。

 

 

■夏バテの原因は?

夏バテを起こす原因としては、
主に以下の3つの原因があります!

 

①身体の水分不足

②自律神経の乱れ

③胃腸の働きの低下

 

 

身体の水分不足は、
ようするに脱水ですね。

人は汗で身体を冷やしているので、
汗をかけなくなると
体温調節が難しくなります。

 

自律神経の乱れは、
主にエアコンの使いすぎが原因。

暑いからとエアコンを使い過ぎると、
身体の体温調節の機能が鈍っちゃうんです。

結果として、暑さに対応出来なくなるのが
なんとなく分かりますよね。

 

暑いと胃腸の働きが落ちるのは、
なんとなく分かるかと思います。

夏は「食欲出ないな~」ってことが
よくあるじゃないですか?

まさにそれですね!

 

食事は摂れなくなるわ、
栄養は身体に吸収しにくくなるわ、
夏バテを加速させる要素が満載!

 

 

どれも夏バテに影響しそうなことが、
なんとなく分かりますよね。

 

 

■夏バテから脳梗塞に?

夏バテから脳梗塞になるって、
ちょっと大げさすぎやしませんか?
と思っているあなた!

いやいや、これが
十分あり得るんですよ!

夏バテの原因に照らし合わせて、
説明していきますね。

 

 

まず、夏バテで圧倒的に多いのが
「水分不足による脱水」です。

脱水が脳梗塞を引き起こすことは、
先ほど説明した通りですね。

 

 

次に、エアコンなどの使いすぎで
自律神経が乱れると、
なんと血圧が上がりやすく
なってしまいます!

 

自律神経は、交感神経と副交感神経から
成り立っているのですが、
自律神経が乱れると、この交感神経が
過剰に働くようになるんですね。

交感神経には、
血管を収縮する働きがあります。

血管が細くなることによって、
血圧が上がってしまうわけですね!

 

高血圧で脳梗塞になりやすいことは、
何となく分かるのではないでしょうか?

 

 

最後に、胃腸の働きの低下ですが、
胃腸の働きが弱くなると、
人はそれだけで無意識に
ストレスを感じてしまいます。

 

ストレスは交感神経を
活発に働かせてしまうので、

結果として自律神経の乱れを
さらに悪化させてしまうんですね~。

 

 

つまり、夏バテになると
それだけで脳梗塞のリスクが
跳ね上がるんです!

これは怖い・・・

 

ただ、ここまで分かってしまえば、
対策は簡単ですよね?

 

 

夏の脳梗塞を防ぐ対策まとめ!

夏の脳梗塞を防ぐには、
夏バテにならなければ良いわけです!

 

そこでここでは、
夏バテにならないために
何をすれば良いのか?

ということを、
医療職目線で解説しちゃいます!

 

af9920058918l

(画像引用元:http://health-to-you.jp/heatfatigue/ityounonatubatekaisyouhou8852/)

 

 

■水分補給は必須!

ここまで読んで頂いた方は
もう分かると思うのですが、
夏場の水分補給はもはや必須です。

とにかく水分を摂りましょう!

 

ただ、注意点があります。

水分は、摂取してから
身体に浸透するまで、
15~20分程度の時間がかかります。

また、汗をかかなくても、
喉が渇いていなくても、
脱水は起こります!

 

そのため、水分は
とにかく早めに、そしてこまめに
摂ることが大切ですね!

特に寝ている時は
脱水が起こりやすいので、
寝る前後の水分補給は重要です。

 

飲み物としては、スポーツドリンクが
ミネラル補給も出来て便利ですよ♪

 

 

■エアコンによる身体の冷えに注意!

自律神経の乱れは、
万病の元とも言われています。

1日のうちの涼しい時間帯は
極力エアコンを使わない、
エアコンの設定温度を上げるなど、
身体を冷やし過ぎないようにしましょう!

 

特に女性の場合は、お腹~下半身
冷やさないことが大切です。

膝掛けやカーディガンなどで、
上手に体温調節すると良いですね。

夏だからとシャワーにせず、
お風呂にゆっくりつかるのも効果的ですよ♪

 

また、身体を温めるような食材を
摂るのも効果的です。

色々なものがありますが、
ショウガなんかが特におすすめですね!

 

 

■温かいもので胃腸の働きをUP!

胃腸の働きの低下は、
多くの場合胃腸の冷えが原因です。

 

お腹を冷やすと良くないというのは、
なんとなくイメージがつきますよね?

夏場は冷たいものを摂りがちですから、
それによってお腹が冷え、
食欲が出ないなどの症状が出るわけです。

 

冷たいものを極力我慢して、
出来るだけ温かい飲み物や
温かい食事を摂るようにしましょう♪

 

 

■アルコールの摂りすぎはダメ絶対!

アルコールには、
利尿作用というものがあります。

よくアルコールを飲むと
トイレに行きたくなりますよね?

あれのことです。

 

尿が出るということは、当然ですが
それだけ脱水になりやすくなります。

アルコールを飲んでも、
水分補給どころか脱水になりやすくなる
ということは必ず覚えておきましょう!

 

 

まとめ

脳梗塞と夏バテの関係、
なんとなくでも
分かっていただけたでしょうか?

 

実際、夏場になると
病院には脳梗塞を発症した方が
数多く運ばれてきます。

その中には、やはり若い方も
ちらほらと見受けられます。

脳梗塞にならないためにも、
今回の記事で書いたような対処法を
しっかりと行うようにしましょう!

 

また、脳梗塞というのは、
高血圧・高脂血症・糖尿病・喫煙・
極端な飲酒・心疾患など
リスクが跳ね上がります。

こういった事に心当たりのある方は、
決してこれらを放置しないように
注意しておきましょう!

 

 

※関連記事

エアコン嫌いの味方!冷風扇って何?

冷風機と冷風扇はどっちが効果的?

赤ちゃんの暑さ対策まとめ!

この夏人気急上昇の塩レモンとは!?

 


Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

このページの先頭へ