赤ちゃんの暑さ対策!夜はアイスノンや保冷剤などのグッズが効果的?


PAK95_anjyuosyaburi500

 

保育園でのママ友との会話の中で・・・

 

「何かね、うちの2番目の子
夜寝ている時、すっごい汗なの!

シーツがビチョビチョになるくらい。

なんか、脱水症状なっていないか
心配なっちゃってさ・・・」

 

「うちも!クーラーはあんまり
身体に良くないし、扇風機じゃ
暑過ぎるしどうすればいいかなぁ?」

 

 

夏になると必ず繰り返されるこの会話☆

夏の暑さって、大人でも
ぐったりしますよね~!

 

赤ちゃんは身体が小さいですから
大人よりも暑さをダイレクトに
感じているはず・・・

すごく心配です!

 

 

赤ちゃんの暑さ対策って
どうすればいいの?

特に夜の寝汗がすごい時は、
アイスノン保冷剤などのグッズを
使用して良いのかしら?

なんだか急激に体温を奪ってしまうから
ちょっと不安・・・

 

そこで、保育園のママを代表して
1歳4か月の息子を持つ私が!
徹底的に調べてきましたよ~!


Sponsored Link


赤ちゃんの暑さ対策の重要性とは?

C854_akacyan500

 

赤ちゃんの身体は大人よりも
ずっと小さいですよね~。

だから大人にとっては少しの汗でも、
赤ちゃんにとっては
大汗になってしまうのです。

 

加えて、皮膚もまだ十分に
出来上がっていませんから、
夏の暑さも冬の寒さも
ダイレクトに感じてしまうのです。

 

 

それに、まだまだ赤ちゃんは1人で
出来ないことが沢山あります!

 

体温調節が出来ないから
大人が洋服で調節してあげなければ
いけません。

言葉で「暑いよ~!喉が渇いたよ!」
と伝えることも出来ません。

 

だから、大人が赤ちゃんの
暑さ対策をしてあげなければ
いけないんですね!


Sponsored Link


暑さによって赤ちゃんにこんな影響が!?

まず1番心配されるのが
「熱中症」です。

 

発汗によって、体内の水分が奪われて
発熱・嘔吐・青白い顔をする・脈が弱くなる
ぐったりするなどの症状が
見られたら要注意です。

症状がひどいと、
命の危険性だって出てきます。

 

 

そしてもう一つは、皮膚のただれ

 

赤ちゃんの皮膚は未発達です。

だから直接太陽の光が当たると、
皮膚の表面が炎症を起こして
赤くなったり、軽いやけど状態に
なってしまうのです!

 

そんなことになっては
大変ですよね!

そうならないよう、
赤ちゃんの暑さ対策は
しっかりとしておきましょう。

 

赤ちゃんの夜の暑さ対策まとめ!

s001_740

 

赤ちゃんがいるご家庭では
あまりクーラーの使用は
オススメできません。

 

本当に暑すぎて熱中症を
引き起こしてしまいそうな日は、
設定温度を高めにして
使っても良いでしょう。

ただ、年がら年中使用していると
赤ちゃんの身体はすっかり冷えて、
体温調節がしにくい身体に
なってしまうのです。

 

そこで、クーラーを使わない
オススメの暑さ対策を
詳しくご紹介していきますね♪

 

 

■アイスノン

アイスノンは、寝苦しい夏には
とても効果的なグッズです。

1歳くらいからなら
使って寝ても問題はないでしょう。

その時は、冷えすぎないように
タオルを巻くようにしてください。

 

ただし、新生児や一歳未満の子には
注意して使う必要があります。

なぜなら、アイスノンの上に
長時間寝ていると、体温が
どんどん奪われてしまうからです。

 

アイスノンを使う際は、
冷えすぎていないか
時々確認する必要があります。

 

 

■衣服の調節

赤ちゃんは自分で体温調節をするのが
あまり上手ではないので、
大人が衣服によって体温調節を
してあげることがとても重要です!

 

夏の暑い時期には
下着をメッシュ素材にしたり、
なるべく薄着をさせておきます。

我が家では、寝ている時は
お腹の部分にだけタオルを掛けて、
あとは風通しを良くしたりもしましたよ♪

 

 

■水分摂取

水分摂取は最も大事なポイントです。

汗をかくことによって真っ先に
奪われるのが水分ですから、
積極的に補う必要があります。

 

でも、赤ちゃんは一度にたくさんの量を
飲むことができません!

そこで私は、
息子が夜鳴きで起きるたびに
授乳していました。

 

麦茶はほとんど飲まない息子も、
母乳ならごっくごくです!

 

 

■身体を拭く

熱めのタオルで身体を拭くと、
皮膚の表面の水分が蒸発するときに
体温まで奪っていくので、
若干涼しく感じられます。

 

赤ちゃんは、汗だくになると
不快で大泣きしてしまいますので、
小まめに拭いてあげることが大事です。

 

 

■ゴザの利用

ゴザは古くから日本で
親しまれてきた夏の敷物です★

イグサの良い香りがしますよね~。

 

また、ゴザはとても風通しが良く、
赤ちゃんの身体を冷やしすぎないような
適度なヒンヤリ感があるのも素敵です!

 

 

このように、クーラーを使用しなくても
夜の寝苦しさを和らげてあげる方法は
沢山あるのです。

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

外出時の赤ちゃんの暑さ対策は?

1crw_0458_jfr

 

夜の暑さ対策以外にも気になるといえば、
外出時の赤ちゃんの暑さ対策ですよね!

 

まずは、こちらの動画をご覧ください。

 

赤ちゃんの熱中症対策まとめ!

 

開始30秒から、さまざまな
暑さ対策を紹介しています。

真夏の外出時は、熱中症
かからないように色々なことに
気を付けなくてはいけません!

 

 

ここでは、動画で紹介されている
方法以外で、おすすめの
暑さ対策を紹介しますね!

 

■保冷剤を活用する

保冷剤はとても便利な
夏アイテムです★

 

ベビーカーのシートの下
保冷剤を入れたり、

赤ちゃんを抱っこする場合は
ママと赤ちゃんが接する面
保冷剤を入れるなどして
工夫してみて下さい。

 

※注意

寝ている間に保冷剤を使用
するのは止めましょう。

なぜなら、赤ちゃんに保冷剤は
冷たすぎるからです。

 

外出時などは、赤ちゃんも動きますし
ママも小まめに確認できるので
問題はありません。

しかし寝ている間は、保冷剤が
長時間同じ部分にあたり、低温やけど
引き起こす可能性もあるので
気を付けましょう。

 

 

■外出する時間帯に気を付ける

外出する時の時間帯には
十分注意しましょう。

日中、一番気温が上がる
時間帯は避けて、朝か夕方の
涼しい時間帯をオススメします。

 

 

■小まめに涼しい所で休憩

長時間炎天下の場所にいるのは
止めましょう!

30~40分に1度の間隔で、
きちんと涼しい場所で水分補給を
させて意識的に休憩をしましょう。

 

 

まとめ

赤ちゃんの暑さ対策は
親の仕事です。

真夏がやってくる前に、
頭の中にこれらの知識を
入れておきましょう♪

 

夏のお出かけの際は、
赤ちゃんに合わせて行うように
注意することが大切ですね!

 

 

※関連記事

夏に多い結膜炎は赤ちゃんにうつる!?

子供の鼻血が止まらない時の対処法まとめ!

夏の暑さには冷風扇?

スポットクーラーってどんな感じ?

 


Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

このページの先頭へ