USJチケットのエクスプレスパスとは?値段や種類まとめ!


ue1

(画像引用元:http://auctions.yahoo.co.jp/)

 

最近、大阪の
ユニバーサルスタジオジャパンに
ドハマリしているしめじです。

ハリーポッターエリアの登場以降、
特に盛り上がってますね~!

 

最近回りでもUSJに行くのが
流行っているんですが、

その中でよく出てくるのが
USJのチケットに関する疑問。

 

特に、エクスプレスパスに
関する質問はかなり多いですね。

 

 

そこで今回は、USJチケットの代名詞、
エクスプレスパスの値段や種類について
詳しく見ていこうと思います。

エクスプレスパスをどんな風に
使えば良いのかについても
書いていきますよ~!


Sponsored Link


エクスプレスパスとは?

まず、そもそも
エクスプレスパスって何よ?

という方のために、
簡単に説明しておきますね。

既に知っている方は
読み飛ばして次に行きましょう。

 

 

ユニバーサルエクスプレスパスとは、
乗り物の待ち列をすっ飛ばして
アトラクションに乗ることが
出来るようになるチケットです。

 

ue2

(画像引用元:http://auction.rakuten.co.jp/)

 

このチケットを持っていると、
2~3時間待ちのアトラクションでも
10~15分程度で体験できちゃいます!

ディズニーのファストパスと
似たようなシステムですね。

 

ただ、パーク内で発券される
ディズニーのファストパスとは違って、

エクスプレスパスはあらかじめ
購入して使うタイプのチケットになります。

 

 

ディズニーに比べてかなり
現実的なシステムですが、
結構メリットも多いんですよね。

 

ファストパスだと1度に1枚しか取れず、
途中で発券終了すると
並ばざるを得なくなりますが、
エクスプレスパスなら問題ありません。

事前に時間短縮出来る
アトラクションが分かるので
予定も立てやすいですし。

 

 

ただ、USJのパーク入場チケットである
スタジオパスとは別個に購入しなければ
ならないので注意が必要ですね。


Sponsored Link


エクスプレスパスの種類は?

さて、それでは
エクスプレスパスの種類について
見ていってみましょう!

 

元々は色々な種類のあった
ユニバーサルエクスプレスパスですが、

ハリポタエリアのオープンに伴って
2014年7月15日以降は
内容が一新されています。

種類は以下の通り。

 

  • エクスプレスパス7
  • エクスプレスパス5
  • エクスプレスパス3

(※2014年10月現在の情報)

 

以上の3種類になりますね。

後ろの7や5の数字は、
待ち時間を短縮できる
アトラクションの数になります。

 

 

また、時期ごとのイベントに合わせて
イベント用のエクスプレスパスが
販売されることもあります。

 

例えば、2014年の
ハロウィンホラーナイト期間中には

  • 大絶叫エクスプレスパス
  • ホラーナイトエクスプレスパス

という2種類のエクスプレスパスが
追加で販売されています。

 

USJでは1年のほとんどを通じて
何かしらイベントをやっているので、

自分の行く時期にイベントがないか
一度はチェックしておきましょう!

 

 

エクスプレスパスの値段と詳細は?

エクスプレスパスの種類を
確認したところで、

次はエクスプレスパスの詳細を
それぞれ見ていってみましょう。

 

 

■エクスプレスパス7

ue3

(画像引用元:http://www.usj.co.jp/)

 

合計7つのアトラクションを
待ち時間なしで体験できる
エクスプレスパスですね。

上記画像のアトラクションの中から
一部選択式で選ぶことができます。

 

 

エクスプレスパス7の最大の特徴は、
全てのエクスプレスパスの中で

『ハリウッドドリームザライド
~バックドロップ~』

唯一選べることですね!

 

一時期CMでも話題になった、
USJの後ろに動くジェットコースターが
このアトラクションになります。

あまりの人気に、期間限定のはずが
通常営業に組み込まれたという
驚異的な人気を誇るアトラクション。

 

毎日のように待ち時間が
200分を越えるアトラクションなので、
それを避けられるのは非常に大きいです。

 

 

お値段は日によって異なりますが、
1枚あたり税込5900円~8200円
(※2014年10月現在)

 

割高感はあると思いますが、
それに見合うだけの価値はありますよ♪

ハリポタエリアの
確約券も付いてくるので、
エリア入場も楽チンです。

 

 

■エクスプレスパス5

ue4

(画像引用元:http://www.usj.co.jp/)

 

名前の通り、計5つのアトラクションに
待ち時間なしで入場できる
チケットとなります。

 

このチケット最大の特徴は、
4種類のエクスプレスパスの内で
最も入手しやすいという点ですね!

他のエクスプレスパスに比べて
多めに販売されており、

かなりの高確率で
当日購入も可能なチケットです。

 

 

また、エクスプレスパスの中では
最もバランスの良いチケットで、

大体の人気アトラクションを
体験することが出来ます。

 

ただ、スパイダーマンのライド
スペースファンタジーザライド
選択式になっているので、

どちらか1つは並ぶか
諦める必要がありますね。

 

 

お値段はやはり日によって異なり、
1枚あたり税込4700円~6200円。

エクスプレスパス7と比べ、
大分リーズナブルな価格と
なっていますよ♪

 

なお、こちらもハリポタエリアの
入場確約券がついてきます。

 

 

■エクスプレスパス3

ue5

(画像引用元:http://www.usj.co.jp/)

 

3つの人気アトラクションを
待ち時間なしで乗れるチケットです。

基本的には待ち列に並んで、
要所でエクスプレスパスを使うような
使い方になりますね。

 

注意したいのは、
ハリーポッターエリアの確約券と
ハリポタアトラクションは
含まれていない点です。

ハリポタエリアに入りたい人は、
朝一番に整理券を取りに行きましょう。

USJハリーポッター整理券の配布時間は何時まで?時間指定は可能?

 

 

目立った特徴はありませんが、
お値段は1枚あたり3000~3900円
比較的お安くなっています。

 

 

どんな風に使えばいいの?

しかしこのエクスプレスパス、
使い切れなかったり
無駄になったりすると
もったいないですよね。

そこで、エクスプレスパスが
必要な状況についてや、
どんな使い方をすれば良いのかなど
詳しくまとめてみましたよ!

 

 

■超混雑日に使う

これが王道の使い方ですね!

 

待ち時間が長くなりやすい
休日・祝日などの超混雑日に
エクスプレスパスを購入しておけば、

かなり快適にパーク内を
回ることが出来るようになります。

 

逆に、超混雑日の場合は
エクスプレスパスがないと
きついレベルなので注意しましょう。

 

 

■混雑しやすいアトラクションに使う

普段は待ち列に並ぶようにし、
超混雑のアトラクションは
エクスプレスパスで補うという手法です。

主にエクスプレスパス3を
使うことになりますね。

 

コストパフォーマンスが抜群なので、
金銭的に不安のある方には
おすすめの方法です。

 

 

■ハリポタ確約券目当てで買う

ハリポタエリアは本来、
整理券がなければ入れないエリアです。

しかし、エクスプレスパス7or5には
入場確約券がついてくるので、
時間帯を指定した上で
無条件で入場可能となります!

 

しかもハリポタアトラクションの
エクスプレスパスもあるため、
待ち時間もスムーズ。

 

ただし、エクスプレスパス3だと
入場確約券はついていないので
注意しておきましょう。

 

 

■アトラクションを1日で回るために使う

平日の人手が少ない時を除き、
1日で全てのアトラクションを
回りきるのは至難の業です。

1日で全てのアトラクションを
回りたい場合は必ず
エクスプレスパスを使いましょう。

 

その場合、どの程度の
混雑日に行くかにもよりますが、
エクスプレスパス5か7がおすすめですよ。

 

 

まとめ

USJのエクスプレスパスについて
値段や種類、使い方などを
書いていきましたが、いかがでしたか?

長くなったので、
内容を簡単にまとめておきますね。

 

  • エクスプレスパス(Eパス)は
    待ち時間短縮チケット。
  • 種類はEパス7、5、3の
    全部で3種類。
  • 値段は日によって異なる。
    ・Eパス7 5900円~8200円
    ・Eパス5 4700円~6200円
    ・Eパス3 3000円~3900円
  • それぞれの特徴を
    十分に理解しておく。
  • 失敗しないためにも
    目的に合わせてEパスを購入する。

 

 

USJのエクスプレスパスは
お値段が張るものの、
しっかりと活用すれば
非常に便利なチケットです。

ぜひ有効活用して、
USJを思いっきり楽しみましょう!

 

 

※関連記事

USJチケットを格安で購入するには?金券ショップやツアーはお得?

USJハリーポッターチケットの値段は?確約券や当日整理券について!

 


Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

このページの先頭へ