USJハリーポッターアトラクションの仕組みは?何がすごいの?


hps1

(画像引用元:http://odey.jugem.jp/)

 

ユニバーサルスタジオジャパンの
ハリーポッターエリア、
あなたはもう行きましたか?

どうも、しめじです!

 

何もかもが凄すぎる
ハリーポッターエリアですが、
中でも際立っているのが

『ハリーポッターアンドザ
フォービドゥンジャーニー』

というアトラクションですね!

 

さすが世界最高峰のライドだけあって
そのクオリティはさすがの一言。

USJハリーポッターアンドザフォービドゥンジャーニーの感想まとめ!

 

 

しかしこのアトラクション、
1回乗っただけだと
仕組みが全く分からないんですよ。

 

そこで今回は、謎の多い
USJハリーポッターアトラクションの
仕組みについて詳しく調べてきました!


Sponsored Link


ライド自体の仕組み

まず、ゲストが乗ることになる
ライドの仕組みから説明しましょう。

ホグワーツ城の奥深く、
組み分け帽子の先に
そのライドはあります。

 

hps2

(画像引用元:http://fanblogs.jp/)

 

画像で見るとこんな感じ。

上から下ろすタイプのバーで
大分しっかりと身体を支えるタイプの
ライドになっています。

 

 

そして、画像だけでは
伝わらないのですが、

このライドはベルトコンベアで
次々と運ばれてきます。

USJのスペースファンタジー
ディズニーのホーンテッドマンション
似たような形式ですね。

 

こちらはフロリダ版の動画なのですが、
最初の方にライドの映像が映っているので
雰囲気をチェックしておきましょう。

↓↓↓

2014-10-16_165048

 

この形式のおかげか、
比較的回転率は良さそうな印象です。

待ち列も結構サクサク進みますし♪

 

 

さて、ここからが重要なのですが、
この座席、上向きになったり
下向きになったり横向きになったりと
かなり激しく動きます。

アトラクション中には、
身体の正面が真上を向くことも。。

 

乗ってる側からすると、
「何かよく分からんがすげえ!」
って感じですねw

 

 

これ、仕組みは一体
どうなっているのかというと、

ロボットアームの先端に
椅子が取り付けられているというもの。

 

hps3

(画像引用元:http://ameblo.jp/)

 

こんな感じですね。

 

これが映像に合わせて
色んな角度に傾くことで、

あたかも飛んでいるかのような
感覚に襲われるというわけです。

 

実際、ハリーと空を飛んでいるときの
浮遊感は半端じゃありません。

落下する時なんか、
本当に落ちてるんじゃないかと
錯覚するほどですからねw

 

 

ちなみにこのロボットアーム付きの座席、
実際には地面からかなりの高さに
設置されています。

イメージ的には動く土台から
出ているアームの先端部分に
座席がくっついている感じ。

 

hps4

(画像引用元:http://chiebukuro.yahoo.co.jp/)

 

ライドに乗っていると
ジェットコースターのように
かなり加速感がある印象ですが、

実際には座席と映像で
錯覚が起こってそう感じるようですね。

 

ライドに乗っている限りでは
全くそんな気はしないのですが、
さすがは最新技術ですね~。

色んな意味でびっくりです!


Sponsored Link


映像と実写が切り替わる仕組み

続いて、誰もが疑問に思う
映像と実写が切り替わる仕組みですね。

 

そもそもベルトコンベアで
移動するという形式である以上、

映像が映されている最中も
土台は動き続けているはずです。

 

それにも関わらず、
なぜ映像を止まって見た後
そのまま実写に切り替われるのか?

 

 

これ実は、映像を表示する
スクリーンとプロジェクターが
ライドに並走する形で
ぴったりとついてきているんです!

 

hps5

(画像引用元:http://chiebukuro.yahoo.co.jp/)

 

このように、クルクルと回る
スクリーン複数枚の周囲を

ライド1つ1つが全く同じ速度で
回るような形ですね。

 

実際に乗っているとそんな感じは
微塵もしないわけですがw

 

 

この仕組みにより、動きながらでも
同じ映像を正面に観続けることが
出来るわけですね。

そして、映像が終わると
自然な形で実写に移れるという訳です。

 

ドラゴンやディメンターが
映像の世界から実写の世界に
飛び出してくる様は必見ですね!

 

 

座席が動き回っても映像がブレない仕組み

映像と実写を行き来できる理由は
なんとなく分かりましたよね。

ただ、まだ腑に落ちない点があります。

 

そもそも、ライド自体は
上に下に横にと動いているにも関わらず
なぜ映像がぴったりついてくるんでしょう?

 

例えば、座席が下を向いてしまうと
スクリーンも下に来なければ
観られないはずですよね。

にも関わらず、映像は一定のまま
見え続けています。

これは何故なのか?

 

 

実は、このアトラクションのスクリーン、
パラボラ型のスクリーンになっています。

 

hps6

(画像引用元:http://ameblo.jp/)

 

このスクリーンは、見る角度に関わらず
大体一定の映像を映し出すことが出来ます。

そのため、乗っている人から観ると
座席は動くのにスクリーン側は
一切動かないという、ある意味
謎の多い映像が映し出されることに。。

 

何気に同じUSJのアトラクション
『バックトゥザフューチャー』でも
これと似たようなスクリーンが
採用されています。

 

『フォービドゥンジャーニー』は、
こうした様々な仕組みの組み合わせで
成り立っているんですね~。

ハリポタアトラクションの
すごさの由縁です。

 

世界最高峰のライドと
言われるのも頷けますね。

 

 

まとめ

USJハリーポッターアトラクションの
仕組みについて説明していきましたが、
いかがだったでしょうか?

内容を簡単にまとめておくと
以下の通りですね。

 

  • 座席はロボットアームの先端に
    ついており、あらゆる方向に動く。
  • 映像はライドに並走して
    ついてくる仕組み。
  • ライドが動いても映像がブレないのは
    パラボラ型のスクリーンだから。

 

 

これらの仕組み、言うのは簡単ですが、
実際はとんでもない話です。

ベルトコンベアで移動しつつ、
ライドが動き回り、
映像はそれについて動く。

 

そんな技術の粋が惜しみなく
体現されているのは、今のところ

『ハリーポッターアンドザ
フォービドゥンジャーニー』

以外には存在しません!

 

ぜひ、テーマパークの最高峰、
ウィザーディングワールド
オブハリーポッターの世界を
体験しに行きましょう!

USJハリーポッターアトラクションの感想!怖い、酔う等の真相は?

 

 

※関連記事

USJハリーポッターアトラクションの待ち時間について!

USJハリーポッターの混雑予想は?9月以降の待ち時間を独自考察!

USJハリーポッターチケットの値段は?確約券や当日整理券について!

 


Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

このページの先頭へ