鴻巣花火大会2014!日程と穴場まとめ!4尺玉や駐車場情報について!


2014-06-23_203237

(画像引用元: http://kounosuhanabiqa.sblo.jp/ )

 

鴻巣花火大会は、
世界最大の大玉花火である
4尺玉が打ち上げられます。

 

開花時の大きさはなんと直径800m!

私は3尺玉までしか見たことがありませんが、
それでも圧倒的な迫力で感動でした!

 

今回はそんな鴻巣花火の4尺玉の魅力を
2014年の日程や穴場スポットと
一緒にお届けします^^

駐車場情報も車で行く人は
要チェックですよ~!


Sponsored Link


こうのす花火大会2014の日程や打ち上げ場所は?

花火大会と言えば「夏の風物詩」
というイメージが強いですが、
こうのす花火大会はに開催されます。

 

毎年9月下旬~10月上旬に開催されており、
今年2014年の開催日は
10月11日(土)に決定しました。

開催時間は18:30~20:30の予定です。

 

埼玉県鴻巣市の糠田(ぬかた)運動場、
および荒川河川敷より、
約15,000発の花火が打ち上げられます。

 

打ち上げ場所はこちらですよ~!

↓↓↓

 

来場者は一昨年が約40万人、
昨年が約60万人と年々増加しており、
今年は60万人以上の人出が予想されます。

 

 

無料席・有料席の情報は
まだ公式発表はありません。

昨年は、吉見総合運動公園内と
御成橋付近に無料観覧会場があり、
糠田運動場が有料観覧会場となりました。

 

昨年の糠田運動場内の有料席情報です。

 

■ブルーシート席
・12,000円(当日13,000円)
・約1.8m×1.8mの区画
・420席

■ペアシート
・6000円(当日7,000円)
・約0.9m×1.8mの区画
・700席

■イス持込可能席
・12,000円(当日13,000円)
・約0.9m×1.8mの区画
・84席

■自由席
・3,000円(当日3,500円)
・220席

■有料撮影席
・5,000円(当日6,000円)
・座席数は未定

 

自由席と有料撮影席は1名の料金で、
それ以外は区画の販売となっています。


Sponsored Link


こうのす花火大会の見どころは?

こうのす花火大会の見どころは、
なんといっても世界一の大玉である
4尺玉の打ち上げです。

 

なんと地上から約800mの高さで
直径約800mまで広がります^^

視界いっぱいに広がる迫力満点の花火は
感動すること間違いなし!

 

ラストを飾る尺玉300連発の
「鳳凰乱舞」のあとに
4尺玉が打ち上げられます。

 

大迫力の4尺玉動画はこちら!

 

 

4尺玉の打ち上げは3分55秒~です。

やっぱり大きいですねー!

 

高さ800mまで上がるので、
花火が開くまでの時間も長く、
ドキドキしちゃいますね^^

様々な種類の尺玉が乱れ打ちされる
鳳凰乱舞もすごいですよ~。

 

2014-06-23_204827

(画像引用元: http://kounosuhanabiqa.sblo.jp/ )

 

 

穴場スポットまとめ!場所取りのおすすめは?

では、そんな豪華絢爛な
こうのす花火大会の
穴場スポットをご紹介します!

 

 

■吉見総合運動公園の駐車場

 

無料観覧会場となっている
吉見総合運動公園です。

園内はとても広く、どの場所でも
花火を楽しむことができます。

 

その中でも特に花火が綺麗に見えるのが
駐車場と言われています。

車を停める位置や場所によっては
車の中から鑑賞することもできますよ!

 

 

■田間宮小学校前の土手

 

 

田間宮小学校の前にある土手は
打ち上げ場所にとても近いため、
迫力満点の花火を楽しむことができます。

鴻巣西中学校の方まで行くと、
土手観覧禁止エリアになってしまうので
気を付けましょう。

 

駅から徒歩30分程度と
アクセスは不便ですが
花火はとっても綺麗に見えます。

花火が無料で綺麗に見える場所として
人気の場所のため、
早めに場所取りしておくと安心です。

 

 

■御成橋周辺

 

打ち上げ場所からは離れてしまいますが、
十分に花火を堪能できる場所です。

周辺に高い建物がないので
視界を遮るものがありません。

 

それほど混雑しないので、
人混みが苦手な方にはおすすめです。

 

橋の下の河川敷
無料観覧会場になっていますが、
露店などはなく、少し寂しい雰囲気です。

 

 

駐車場情報と混雑予想は?

こうのす花火大会は昨年より
4尺玉の打ち上げを始めました。

そのため、保安距離の関係で
立入禁止区域が大幅に変更され
昨年は大変混雑したようです。

 

今年は昨年ほどではないと思いますが、
来場者も年々増えているため
混雑が予想されます。

 

駐車場は吉見総合運動公園駐車場
公式な駐車場となっています。

大会当日に唯一開放される駐車場なので、
車で来場する方は
ここを利用するしかありません。

 

駐車出来る台数には限りがあるので、
早めに確保しておくと安心です。

1日1,000円で利用できます。

 

花火大会当日の10時より
開場となりますので、
あらかじめ駐車場を確保するなど、
対策を立てておきましょう!

 

 

鴻巣花火大会2014まとめ

では最後に、鴻巣花火大会について
簡単にまとめてみます。

 

■開催日程
・2014年10月11日(土)
・18:30~20:30

■打ち上げ場所
・糠田運動場および荒川河川敷

■打ち上げ数
・約15,000発

■予想来場者数
・約60万人以上

■会場
・糠田運動場(有料)
・吉見総合運動公園
・御成橋側無料観覧会場

■有料席
・ブルーシート席12,000円(当日13,000円)
・ペアシート6000円(当日7,000円)
・イス持込可能席12,000円(当日13,000円)
・自由席3,000円(当日3,500円)
・有料撮影席5,000円(当日6,000円)

■見どころ
・世界一の大玉「4尺玉」
・フィナーレを飾る「鳳凰乱舞」

■穴場スポット
・吉見総合運動公園の駐車場
・田間宮小学校前の土手
・御成橋付近

■駐車場
・吉見総合運動公園駐車場

 

 

鴻巣市商工会青年部が
地域の振興と子供たちのために
手作りで開催する鴻巣花火大会。

川幅の広い荒川河川敷という立地を生かした
ダイナミックな花火が魅力ですね^^

 

10月に開催されるので、
寒さ対策をしてお出掛けしましょうね!

 

 

※関連記事

熱海花火大会の厳選穴場スポットは?

隅田川花火大会で混雑を避けるには?

いたばし花火大会の穴場まとめ!

神宮外苑花火大会をチケットなしで見るには?

 


Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

このページの先頭へ